2008年03月09日

まるで成長していない…

柏 2-0 磐田

審判が糞だったとか途中一人少なくなったとかはあったが、基本的に昨シーズンのダメな状態と変化が見られなかった。

特にキックオフから暫くは完全に柏ペース。一旦は盛り返したものの、同点に追いつくことが出来ず。

後半ジウシーニョが退場になってから、迷交代もあり2点目を決められ万事休す。まぁ、ヨシカツのポロリもあったが、それ以前の問題。

判定に一貫性が無く、同じような内容でもアウェーチームに辛い判定が多かったようには思うが、それ以上にチームの戦う姿勢に疑問符が付く内容だった。

特に、セカンドボールの拾われ方やパスミスの多さ、攻守の切り替えの遅さ、マークの受け渡しのズレなど、昨シーズンのデジャブのようなシーンが目立った。まして、今シーズンの柏はフランサ不在なのでより事態は深刻。

また、監督の選手起用にも疑問。

今の中山と名波は今日ベンチ外の選手を押しのけてベンチ入りできるレベルにはない。実際交代で入った中山は何も出来なかった。昨シーズンもそうだったのに、今シーズン良くなっているとはとても思えなかったがやはりそうだった。

そして、予想通り駒野は怪我上がりで本来の姿ではなかった。今日は右サイドで殆ど形を作ることが出来なかったし、ここで無理させるなら太田(または成岡)の方が良かったと思う。

新加入のFW二人もまだまだチームとは合っていない。その上柏にかなり抑えられていた。2〜3回のチャンスのうち、一つでもモノにしていたら違っていたかもしれないが、これなら普通に山崎を使った方が良かったと思うのだが。

何にしろ、開幕戦を見た結論としては「今シーズンも苦労するのは間違いなく、残留が当面の目標となる。」といったところだ。

辛いシーズンとなりそうだなぁ…。

posted by ダメ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー