2008年09月23日

チーム崩壊

FC東京 5-1 磐田

3失点目以降は気持ちが切れたのかかなりのグダグダ感。
平山にすら持ち込まれ、ディフェンス陣はエース赤嶺を欠いたFC東京にいいようにやられる体たらく。スピードが売りの加賀ですら置いてかれるってどういうわけよ?

監督交代の度に劣化していくのは何故?

新潟・札幌にすら勝てそうな要素が見当たらないこの状態。
応援を最後まで止めるつもりはないが、降格確定まで茨の道は続くのだろうねぇ・・・。
posted by ダメ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年09月20日

直接対決敗戦

磐田 0-1 横浜

何がしたかったのか判らない内容。

なぜ足元に収まらないロングボール中心なのか?
そのくせ、なぜフォローはないのか?
サイドからの展開が皆無だったのはなぜか?
カレントップ下の意味は?
ボランチが全く使えないのは?
ディフェンスも相変わらずなのは?

修正途中なのかは不明だが、グダグダ感はかなり高かった。
京都戦よりも内容も悪く意図も見えない展開。
特に横浜が良かったとは思えないが、それに完敗しているようでは…。

千葉の勢いを考えると、自動降格圏への転落はほぼ規定事項だろう。このまま残り9節を無為に過ごしJ2落ちかと思うと、非常に悔しい…。
posted by ダメ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年09月14日

初陣敗戦

京都 2-0 磐田

結果は予想通り

柳沢にやられて負けるだろう、という辺りまで残念ながら事前予想が的中してしまっていた。この予想能力をtotoに生かせれば、とは思うが自チーム限定なのが残念。しかもネガティブ方向のみなのがまた…orz

さて、試合の入り方といきなりの失点は「まるで成長していない…(AAry」と思わせるものだった。

失点シーン以外を見ると、全体的には押していたもののペナルティエリアから先の工夫が足りていないのは変わらず。PKをジウシーニョが決めていれば試合の流れも変わったかもしれなかったが、ジウシーニョ以外の選手も攻めてはいても得点の匂いが少ない日だった。

多少変化があった部分としては、後半若干これまでよりはグダグダ感が少なかったかなぁといった程度で状況は依然厳しい。

で、一番のサプライズは名波先発だったわけだが、理由がどっちだたかである程度方向性はわかるような気がする。

黄金回顧厨か無駄なベンチ枠の排除が出来る監督かが。

前半20分程度で退いた選手を次節も使うようなら、先々の希望を持つことは難しいが、そうでなければちょっと希望を持ってみたいと思えるかもしれない。

いずれにしても次節Fマリノス戦、今シーズン最も重要な位置づけとなる試合の一つに何とか勝利して欲しい。

来週はその先を見られるようになるように、是非。
posted by ダメ at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年09月02日

覚悟完了

やっと元凶が消えたかと思ったら…。

これを受けて覚悟完了した。
…来シーズンの舞台はJ2である覚悟を。

残留に向けて劇的に変化を付けられる人材が必要なタイミングで、

・育成型
・5シーズンほど現場を離れている
・最近のJの状況は殆ど知らない

という監督を持ってくる辺りが、もうね、阿呆かと馬鹿かと。

それも、ピザの出前でも頼むような軽いノリで!
オマケにいつ来日するかも未定とは!!


総理ではなく、フロントの総辞職を要求したいわ!!
posted by ダメ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年07月14日

魅惑のトライアングル

大宮 1-2 磐田

大宮がかなり調子が悪かった前半に何点か決めるべきところを決めていればもっと楽な展開だったとは思うが、現時点ではまぁこんなもんでしょう。

明るい話題としてはやはり前田・カレン・ジウシーニョの魅惑のトライアングルでしょう。特に前田が居るとボールを引き出せるし、収められるし、いろんな展開が出来るし、で攻撃の幅がそれまでとは段違いに広がる。

そのため、ジウシーニョもカレンもより生きる。村井の調子が良いのもサイドからの攻撃の厚みを増すのに貢献している。

まぁ、良い点ばかりではなく悪い点も相変わらず多かったが。
例えば、駒野はまだ本来の姿にはなっていないのか積極性に欠ける印象だったし、ボランチは相変わらず軽い。今節は1失点で済んだものの、ディフェンスはやはり集中の欠けるシーンが見られる。

ディフェンスについては、ロドリゴがどれだけフィットして活躍してくれるかに掛かっていると思う。

さて次節は名古屋戦。スタイル的にはかなり厳しい相手だと思う。オマケに加賀が出場停止だし、平日開催のため回復度合いが心配ではある。ただ、ここを乗り切れれば一気に降格圏内脱出が見込めることもあるので、是非選手達には頑張って欲しい。

そして、選手達の頑張りを無駄にしないためにも、監督には一刻も早く退陣していただきたいものだ。
posted by ダメ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年07月06日

想定内だが情けない…。

磐田 1-2 鹿島

敗戦は想定内だったが、想像していた以上に鹿島の出来は良くなかった。今日の鹿島に負けてるようでは、現在の順位は実力相当と言われても仕方ない。

解説でも指摘されていたが、今の磐田にはチームとしての戦術は存在していない印象を受ける。

特に攻撃においては顕著だ。同じ絵を描けていない感じだ。個人戦術のみで戦っているようで、選手単体での足し算にしかなっておらず、今日の鹿島のように組織としてまとまっているチームとは勝負所でやはり差が出る。

インテルなどのように個人能力で他を圧倒しているわけでは全くないし、かといってメンタルの強さで最後まで諦めないといったチームでもないので、勝てるはずもない。

また、今日は監督・スタッフ・フロントなどチーム全体の差を改めて大きく感じた。

・チームとしての一体感
・監督・スタッフの質
・チームビジョンや継続性

など、低迷から復活できたチームと未だどん底のチームとの差はここに一番ある気がする。

新戦力は実績から期待出来そうではあるがまだ未知数だし、やはり早急に監督を変えて効果のあるうちに勝ち点を稼がないと本当に残留争いに最後まで加わることになってしまうだろう。

冬になってより一層寒さが身に凍みるようなことにはなって欲しくはないのだが。

posted by ダメ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年06月28日

Jリーグ再開

横浜M 0-1 磐田

今日の結論:ジウシーニョは神!!

チームとしての攻撃の形はなく、個人で仕掛けるもののフォロー等なく手詰まりとなるシーンが目立つ、といういつも通りの展開。

横浜は前半特に飛ばしていて押し込むものの、ペナルティエリアから先のアイデア等不足していたため何とか無失点で切り抜けられた。後半途中から横浜の足が止まってきた頃にジウシーニョの個の力による得点でリードを奪い、そのまま終了。

戦前に予想していた通り、中断期間中の練習等による進歩は殆ど見られない内容だった。ジウシーニョが居なかったら攻撃もままならなかっただろう。村井は途中いいシーンもあったけどね。

その上負傷交代が2名も居た、というフィジカルコーチは仕事してたのか疑わしい位の状態で、勝ち点3をもらった以外には殆ど評価できないし、この状態で鹿島と対戦するのはかなり厳しい。

しかもエコパ。いつぞやの悪夢が甦る…。

前田が戻ってきてくれれば得点は奪えそうだが…。

どうやら本当に来てくれそうな新戦力も間に合いそうにはないし、どうしたものやら。

せめて監督が替わってくれれば希望が見えてくるものの、現状では残留すれば御の字といった体たらく。再開後も期待は出来ないね。



posted by ダメ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年05月25日

また自滅

清水 4-2 磐田

前半は良い内容でも後半相手の修正に対応できず失点をする、といういつもの流れ。しかも気持ちを切り替えられず連続失点。3-1になった時点で試合は終わっていたね。

まぁ、強いて良かった探しをするとこんなところかな。

・カレン復帰戦でゴール
・松浦デビューで(前半戦は)上々の出来

後は酷かったね。特に松井。失点に直接繋がる判断ミスが多すぎた。何にしろ、これまで同様課題が修正できていない状況では…。

劇的に改善するためには荒療治が必要かと思うが、一体何時になることやら。時期を逃すとそれも手遅れになって、降格まっしぐらになってしまうよ。
posted by ダメ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年05月17日

監督の力は大きいね…

磐田 1-2 FC東京

監督の能力はやはり、チームの修正能力や流れを変えることに大きく左右するなぁ、という印象を改めて受けたゲームとなった。
城福監督は有能な監督と思うが、それ以上にウチがダメだった。

チャンスや良い時間帯は磐田の方が多かった。
特に前半はよく試合をコントロールできていた。

で、いつものように後半相手が修正してきても何も出来ずに失点。
そのうえ、FC東京の選手交代は的中し、逆転を許す展開。

もちろん、こちらの選手交代は実らずにむしろ混迷の度合いを深める。特に、前田→中山の後萬代→ジウシーニョの交代には呆れたを通り越して乾いた笑いが出てしまったよ。

結果はこれまで同様当然のようにそのまま敗戦、とお決まりのパターン。


…もう十分でしょう。中断期に監督交代&新戦力の投入を行っていかないと、このままでは降格が現実的になってしまう。

アジウソン前監督は策に溺れてしまい窮地に陥ってしまったが、内山監督は全くの無策にしか見えず希望の光が見えてこない。選手達はまだまだ足りないながらも徐々に良くはなってきてはいるが、監督に関してはそれもない。

どちらも末期は酷いものではあるものの、何かの手を考えるだけ前監督の方がまだマシだったように思う。

チームは早く決断して欲しい。身内以外できちんとした決断が出来る監督を求む。新社長体制になった今なら可能性はあると思う。
来シーズン、J1で戦えないチームを見たくは無いので。

posted by ダメ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年05月11日

同じ光景

新潟 1-0 磐田

前半立ち上がり15分の攻撃を防げれば息切れするから、そこを攻めればOKな認識が出来ているのでは?と思わせるほどに脆い失点。
で、前半はあとは新潟ペースで終了。

後半、萬代→前田で流れが変わり、得点の匂いが出てきたが、加賀退場で万事休す。

今シーズンは耐える展開が続くと覚悟してはいたものの、何度と無く同じ光景を見せられると流石に厳しい。

中断期間での選手補強、監督交代等なければこのままの状態で行くのだろうねぇ…。
posted by ダメ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年05月07日

順当な敗戦

磐田 1-4 川崎

前節までの3試合での内容からもう少しやれるのではないかと思っていたが、考えが甘過ぎた。先制した辺りまでは良かったが…。
前半は何とか耐えたものの、後半逆転されてからは為す術無し。

ジウシーニョの不在もかなり痛手ではあったが、全体的に川崎の方が1枚も2枚も上手だった。選手個々の実力や戦術の理解度、メンタル面全て。

課題は多い。

・セットプレーでのディフェンス
・身長差のあるディフェンス陣の突破の仕方
・スピードのあるカウンターへの対応
・大きく速い展開をされた際の守備の対応
・プレスが早く激しい際の対応

等々。

守備陣の補強が今一番必要なのではなかろうか?

攻撃陣は前田が戻ってきてくれたのは大きいので、ジウシーニョとの連携が深まればまだ可能性はある。その頃にはカレンも使えるだろうし。

でも、後ろはかなり不安。特にボランチはやはり上位との対決では脆さを露呈していたと思う。ココとセンターバックとに補強が必要でしょう。

ネドベドとか本気で考えてるなら、ジウベウト・シウバとかデコとか獲ってきてくれ!

…はいはい、チラ裏、チラ裏。



posted by ダメ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年05月04日

ダービー

清水 1-1 磐田

決めるべきところで決めるべき人がきちんと決めていれば前半で終わっていた試合。

対策を立てられた後半の戦い方は相変わらず不安定だが、良い時間帯が徐々に増えて来てはいる。清水が悪すぎたこともあるが、ジウシーニョが負傷交代するまでの時間帯は特に良かったと思う。攻撃陣が頻繁にポジションチェンジを繰り返しつつサイドから攻撃していく辺りは、恐らく内山監督が志向しているかつての「黄金期」なサッカーのイメージに近いものだろう。

もっとも、ペナルティエリア付近からの攻撃の精度と相手が修正してきてからの対応にはまだまだかなりの課題が残っており、かつてのパフォーマンスに到達するにはかなり上げていく必要があるが。

また、守備面でも徐々に進歩が見られてきている。後半河村の退場で1人少なくなってからも踏ん張れていた。4バックも徐々に慣れてきているように思う。前線からの素早いチェックや動き出しの早さ、サポートなどやりたい形の片鱗は徐々に出てきてはいる。引いて守る状態になった際のバタバタ感が減って落ち着きが出てくるようになれば、安心感が増すだろう。

これで怪我人が復帰してきたら楽しみなのだが、ここまで攻撃の軸として頑張ってくれていたジウシーニョの負傷がかなり痛い。中断期間に入れば立て直せそうではあるが、時節川崎戦が心配。

そして、何より久々に日本平で内容・結果共に完勝できそうだっただけに、順当に終わらせることが出来なかったことに悔いが残る。後半数的不利となって苦しくなったものの、全体的には勝ち点2を落とした感が強い。

それでも、開幕時の絶望感一杯の内容から比較するとかなり良くなっては来ていることは評価したいと思う。


posted by ダメ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年04月30日

シーズン初連勝

磐田 2-0 京都

前半は完璧に近い試合運びだったと思う。後半は京都がやり方をどんどん変えて来るのに対応するため結構一杯一杯だったが、なんとか0点に抑えられたことは評価できるかと思う。田原が居たら危なかったとも思うが。

徐々に良い時間帯が増えてきているのは素直に評価したいと思う。ただし、試合展開による修正能力は相変わらずなので、そこら辺は何とかして欲しい。

次は清水戦。きちんと勝利を収めて3連勝と行きたいものだ。

ヨシカツ:今日はいつもよりは忙しくなかった模様。
加賀:やはり右の方が良い。
マコ:ゴールといくつかの危ない場面ではきちんと体を張れていた。
秀人:それなりに良かった。
村井:前半は良かったと思う。コンディションは徐々に上がってきているように思う。
駒野:試合を重ねる毎に良くなってきている。完全にフィットする日が待ち遠しい。
上田:毎回今日のパフォーマンスなら文句なし。今日の内容を基準として頑張って欲しい。
河村:いつもよりは良かった。
犬塚:あまり持ち味は出せていなかったように思う。
西:攻守に大活躍。2点目のフリーランニングとその後のゴールは見事。
名波:持ち味は出せず。次節に取っておいた方が良かった気がした。
ジウシーニョ:ゴールこそ無かったが、前線からの守備意識の高さは変わらず素晴らしかった。
萬代:頑張ってはいるが・・・。
中山:今日は持ち味を出せるところまでは行けず。







posted by ダメ at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年04月27日

ジウシーニョ様々

千葉 1-2 磐田

戦前に予想していたよりはゲーム内容は良かった。逆に千葉は開幕からの2〜3戦よりは結果が出ていない分自信を失ってきているような印象を受けた。

何にせよ勝ち点3は大きい。次節の京都戦も何とかモノにしたいものだ。田原が居ないのは大きいし。

ジウシーニョ:どんどん良くなってきている。高さはないものの、上手くフリーになれれば、今日の2点目のようにヘディングでもきちんと点を獲れる。守備意識が高い上に運動量も多い。チームの戦術も大分理解が進んでいるし、新加入後のフィット具合ではグラウを超えた。このまま頑張っていって欲しい。前田・カレンが戻ってきてからの相乗効果に期待したい。

萬代:育成込みとはいえまだまだ期待に見合う活躍が出来ているとは言い難い。今日も「もう少し我慢できれば。そこからシュートできれば。」というシーンがいくつかあった。もうひと頑張りして欲しい。

西:前を向ければ良い仕事が出来るのでサイドの方が持ち味を出せると思うのだが。

駒野:いよいよ持ち味を発揮し始めた。チームになじんでいつもベストパフォーマンスに近い状態を維持できることを期待したい。

村井:今日はまだ慣らし運転な感じだった。強いチームとの対戦で同様に出来れば復活も近いかもしれない。

河村:ベンチでいいよ、もう十分でしょう。守備専門ならともかく、攻撃には期待できないし。今日もピンチを何度か招いていたし。

康太:いくつか上がってくるシーンがあったけど、ボランチではやはり現状力不足に思える。まだ康裕の方が可能性を感じる。

犬塚:攻撃面でらしさを感じさせてくれた。強いチームとでは守備面が課題になるかねぇ。常にワンパードモードになってくれれば力強いが…。

加賀:すっかりDFの軸だね。左に回った後半は流石に窮屈そうだったけど。

マコ:今日は相手が相手なだけにそれほど危なくなかった。カードは不可解だったけど。

茶野:怪我による交代らしいが、状態が心配ではある。大事に至らないと良いのだが。

秀人:久々だが、それなりに無難な出来ではなかったかと思う。

ヨシカツ:通常運転で特に問題なし。あの失点は止めるのはちょっと難しいかと。

中山:時間も短いし、あまり大勢に影響するほどのプレーは見せていなかった。




posted by ダメ at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年04月20日

微妙…

磐田 1-1 大分

鈴木慎吾とゴールマウスに助けられた試合。
特に前半は前節同様酷かった。酷すぎて語ることは無いくらいに。

後半成岡→中山という交代で「またか」と唖然とした。無得点の敗戦を覚悟してもいた。

まぁ、ココは良い方に誤算となった。まぁ僅かではあったが。相変わらずゴールは全く期待できないが、相手ディフェンスを引きつけるところまでの仕事は予想以上ではあった。それでも、萬代よりは仕事が出来ていた。こちらは逆にゴール以外は猛省して欲しい出来。

現在のフォワードの軸はジウシーニョでしょう。前田が戻ってきてくれれば前線は少し希望がありそうな感じ。

中盤は・・・康裕は空回りしてたし、河村は相変わらず。成岡も守備を重視していたのか位置取りが低く攻撃面では目立たなかった。
後半得点シーン前後は上田は良かったが、前半はいつも通りだったし、駒野もクロスが合って無いorディフェンスブチ当てが多く今一歩。

ディフェンスは加賀だけが頼り。須崎や岡田、森下辺りは本当に使えないもんなのかねぇ?と今日のマコ・茶野を見ていると思うね。

次節は千葉。フクアリでジェフ未勝利爆弾が炸裂してしまいそうな予感が…。
posted by ダメ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年04月12日

降格候補筆頭

札幌 2-1 磐田

降格候補筆頭と言えるくらい特に前半は酷かった。で、その酷かった時間帯に立て続けに2失点したことが全て。少なくとも、2点のハンデを跳ね返せるだけの力は今のチームには無いことを改めて証明してしまった。

前半から札幌の三浦監督のプランに嵌っていて、ほぼ何も出来ず。スリーバックの裏を上手く突かれていた。札幌の選手の実力と加賀の対応でようやくあの程度に収まっていたわけで、上位チームなら前半で大差がついていたかも知れなかった。明らかな弱点として認識されているわけで、相手によってフォーメーションや対応をある程度変えて行く事は必要でしょう。

もちろん、前監督のようにベースが無い状態で変え過ぎるのは論外だけど、今は固執し過ぎ。

固執している部分は他にもたくさん。今日の萬代も良くは無かった。実際ジウシーニョがポストもチェイスもドリブルでも目立っていたし、彼が交代で抜けてから攻撃時の怖さが半減した。山崎との交代には萬代だったと思うのだが。どの道高さで勝てないならスピードなど他の武器で勝負するしか無いわけで。最後の方の山崎のドリブルは良かっただけに、ジウシーニョとのコンビで見てみたい。

上田もトップ下なら成岡の方が良いし、ボランチであれば今日も犬塚のほうが良かったと思う。前への推進力が無いので攻撃時の怖さや人数が減ってしまう。どちらも守備に期待できないならどちらを交代しても大差は無いでしょう。

そして名波。後半開始直後の得点時は確かに効果があったとは思うが、後半途中から既に効果が消えていたし、やはり有効時間帯は長くても20分くらいなんだろう。2点差での投入でどうにかなるほどには今の彼の魔法の効果は強くない。

それにしても、現時点での方向性が見えてこない。前田が戻って前田頼み、という昨シーズンの状況になって漸く残留争いに光が見えてくる、という感じの展開なのだろうねぇ・・・きっとorz。

強力な監督・スタッフ・選手等の加入は無いものか。・・・無いよなぁ。
posted by ダメ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年04月05日

残念な敗戦

磐田 1-2 浦和

前節とは逆で、内容は良かったにもかかわらず結果が伴わなかった。

今シーズンで最も良い出来だっただけに悔しさは大きいが、逆に現時点での最大パフォーマンスレベルも把握できたので次に繋げて欲しい。・・・手遅れになる前に。

前半は前からプレスが効いていて相手に殆ど何もさせず、完勝に近い出来だった。ここで追加点を取るチャンスを逃していなければ、そのまま勝っていただろうと思う。

後半も浦和が選手交代を行うまでは試合を支配できていた。浦和の選手交代の後、2列目以降から飛び出してくる選手を捕まえられなくなっていたのは神戸戦でも見られた課題。

試合終盤での踏ん張りや前線のボールの収まりがもう少し向上すれば、もっとマトモな戦いが出来そうに思えるだけに今日の敗戦は悔しい。

川口:2失点目のシーンは前に弾いて欲しかったが・・・。
茶野:高原には完勝も、交代後にミスが目立った。
大井:前節までよりは良かった。
加賀:通常通り。
河村:守備面は比較的良かったと思う。
犬塚:予想以上に良かった。ミドルが殆ど打てなかったのは残念。
駒野:何度か「らしい」シーンが見られた。慣れてきたか?
上田:ここ数節の低パフォーマンスからは改善されていた。
名波:今日のタイミングで投入しても・・・。
成岡:守備は頑張っていたと思うが、攻撃はあまり出来ていなかったように思う。
ジウシーニョ:チームに慣れてきてパフォーマンスが上がってきた。
萬代:相棒がどんどん良くなっているだけに目立つ。要奮闘。
山崎:前回よりはボールを触れたが、時間が足りなかった。
中山:出場時間が短く評価できず。


posted by ダメ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年04月03日

偶発的な勝利

東京V 1-2 磐田

今シーズン初のマイチームの現地観戦。それなりに期待をしていましたが、やっぱり裏切られました。勝ち点3を得たことは内容からすれば評価できるかもしれないけど、その内容が酷すぎた。

ショートパスを繋いで相手ディフェンスの薄い方へ再度チェンジを行い、ペナルティエリア付近まで侵入してクロスを上げる。クロスには別の選手が合わせるべく走りこんでいる、失敗しても次の選手がこぼれをきちんと狙っている、といった磐田がやろうとしていたサッカーはむしろヴェルディにやられていた印象。

ヴェルディにはまだフッキがいなかったためフィニッシャーの精度を欠いていたのが幸いしていただけで、彼がいたら普通に逆転されてたでしょう、という試合。

全体的に酷かったが、名波は週一の運用が限界、ゴンは既に交代要員としては不適切、というのは改めて認識できた。西を下げた辺りなどは理解不能。

気候も寒かったが、内容の寒さが拍車を掛けてくれました。
勝ち点3を偶然得た以外には悪い点ばかりが目立つ有様で、試合後終電近くまで居酒屋で管を巻く結果となってしまった。

・・・明日は大事な仕事で休めないというのに。←自業自得

週末の浦和戦はどうなることやら。


posted by ダメ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年03月30日

リアクション不足

神戸 3-2 磐田

前半はまずまずの内容だったとは思う。相手のミスにも助けられてそれなりに守備面も安定していたし、攻撃も何度か良いシーンを作れていた。

決定機をモノに出来ていれば、前半もう何点か入っていたかもしれなかったし、そうであったら後半の流れは多分違ったものになっていたのでは?

で、後半。神戸の松田監督が直ぐに手を打ったのとは対照的に後手後手に回る磐田ベンチ。で、逆転される。その後追いついたのは良かった点ではあったが、直後に引き離される。

ベンチも悪かったが、選手達も後半はダメだった。特にボランチとディフェンスは後半かなりやられまくってたね。前半とのパフォーマンスの差にがっくりきた。

逆に攻撃陣はそれほど悪くは無かった。西の精度の低さや萬代のポストの収まらなさ具合はあったにせよ。ジウシーニョも結構効いてたし。成岡もいつもより消えてなかった。

次節もアウェー、しかも中2日のナイトゲーム。状況は良くないが、選手たちには切り替えて何とか頑張ってもらいたい。


posted by ダメ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年03月16日

シーズン初勝利

磐田 3-0 G大阪

ガンバの調子が悪い前半に2得点できたことが大きかった。
誤審による損得のシーン両方あったけど、今日は2点目のPKゲットの誤審が結果として大きくプラスに働いた。

あと、後半のガンバの攻勢を守備陣の頑張りとガンバ攻撃陣のミスにも助けられ、何とか凌げたところが大きかったと思う。

今節の内容をベースに積み上げて行ってくれれば多少なりとも期待が持てるようになると思うが、昨シーズンのように勝ったり負けたりして行くんだろうなぁ・・・。

ヨシカツ:3点ほど防いだ。平常運転。
茶野:最後は流石に厳しかったようだが、概ね良かった。
加賀:良かった。このパフォーマンスを継続して欲しい。
マコ:目立つシーンがそれほど無かったのでそれなりに良かったのでは?
康裕:前半は良かったが、後半は課題を残した。これからコンスタントに見て行きたい。
河村:まぁまぁ良かったのでは。上がるシーンも何度かあったし。
康太:今は左スタートの方がボランチより良い気がする。
成岡:消えてたねぇ。
駒野:相変わらず本調子では無い様子。
犬塚:ワンパード不発。目立った活躍はなかった様子。
太田:今日のようなガムシャラさを今後も見たい。
西:今日のMOM。チーム全体に気迫を伝播させていたと思う。
萬代:初ゴールオメ。他の部分には課題が多い。
中山:ゴールはしたが、ポジショニング以外の衰えが顕著すぎる。
posted by ダメ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー