2006年07月09日

3rd place

ドイツ 3-1 ポルトガル

今日はシュバインシュタイガーの日。1点目、3点目のボールの芯をきっちりと捕らえたシュートは凄かった。2点目もオウンゴールを誘う見事なボールだったし、MVPも当然か。あと、カーンの出来が素晴らしかった。今大会はストレスの溜まる状況だったとは思うが、レーマンを良くサポートして初めての試合でチームに流れを引き寄せるファインセーブを連発。前大会MVPの実力を存分に見せてくれたと思う。世代交代もかなり進んできたが、キーパーについては後継の名前があまり聞こえてこない気がするのが今後のドイツの不安材料か?

一方のポルトガルは個々の技術では明らかに上だったものの、ペナルティエリア付近からのアイデアがもう一歩足りなかった感じ。それでも、フィーゴが投入された後にはフィーゴのクロスから得点するという形は作った。こちらは、ドリブルからクロス以外の選択肢を増やすことが今後の課題か。あと、無用なファールを減らすことかな。

上川さんはホーム寄りの笛だった気もするが、全体的には無難な印象。ワールドカップ本大会レベルに値する、ということは証明できたように思う。Jリーグに戻ってからも今大会くらいの基準で笛を吹いて欲しい。Jリーグは倒れすぎだし、杓子定規に笛を吹きすぎだと思うので。
posted by ダメ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/949953

この記事へのトラックバック

【W杯】シュバインシュタイガー劇場!ドイツが3位に
Excerpt: シュバインシュタイガーの強烈なミドルがポルトガルを切り裂く Copyright...
Weblog: SHODO(衝動)
Tracked: 2006-07-09 15:03