2006年06月17日

8日目

アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロ

モノが違う!!!2点目で勝負あり、だったね。何アレ?あのコンビネーション、反則でしょwセルビア・モンテネグロはこのゴールの後ちょっと気持ちが切れちゃった気がする。予選を通じても組織的にここまで崩され、何も出来なかったことはないだろうし。

アルゼンチンは交代で入った選手がことごとく活躍してゴールを決めるし、トラブルまでも上手く利用した感がある。カンビアッソ、テベス、そしてメッシ。特にメッシは交代直後、1アシスト1ゴール。「シーズン終盤のフラストレーションを晴らしてやるぜ!」ってな思いが全身から漲ってるね。ちょっと出来が良すぎるのでは?決勝まで持つのか?と要らん心配をしてしまうくらいに。いずれにしても、決勝まで見たいチームの最有力に躍り出たことだけは間違いない。

セルビア・モンテネグロは最初で最後のワールドカップの最終節、何とか意地を見せて一矢報いてくれることを期待したい。


オランダ 2-1 コートジボワール

結果と内容は必ずしも伴っていない試合だったと思う。もし判定があるなら、コートジボワール圧勝でしょ。逆に言えば、一瞬集中を切らして2点立て続けに叩き込まれた時間帯があったのが「経験の差」なんだと思う。アルゼンチン戦と違うのは、アルゼンチンは押し込まれながらも全体的にはうまくいなしてたのに対してオランダは圧倒的に押し込まれてた点かな。まぁ、スロースターターのオランダだし、今はらしさが見えなくても今後上がってくるかもね。ただ、今までの戦い方だとアルゼンチンに確実にやられるだろうねぇ。


メキシコ 0-0 アンゴラ

キーパー、神!!!アンゴラサポーターはみんなそんな心境だったのでは?最後までメキシコの攻撃をよく耐え切った。単純な力の差を考えても、引き分けは快挙でしょうね。一方メキシコは勝ち点2を落とした印象。繋いで崩す、というとこまではアイデア溢れて面白いけど、ペナに入ってからの決定力が・・・。どっかに似てますな。やはりボルヘッティの不在が大きかったように思えた。



posted by ダメ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/860088

この記事へのトラックバック

ベストチーム!
Excerpt: アルゼンチン6??0セルビア・モンテネグロ (グループC 第2戦) ? アルゼンチン GK アボンダンシエリ DF ブルディッソ アジャラ エインセ ソリン MF マスチェラーノ L・ゴンサレ..
Weblog: キングのサッカー観戦日記
Tracked: 2006-06-17 20:39