2009年08月03日

薄氷の勝利

磐田 3-2 千葉

まずはジウシーニョに鶴。来年完全復活を遂げてくれることを祈ってる。康太もちょっと時間が掛かりそうだがちゃんと完治して戻ってきて欲しい。

で、試合。内容だけ取ってみたら明らかに千葉の方が良かった。

ただ、お互いに集中力がぷっつりと切れる瞬間があり、そこを突かれての失点という意味では似たもの同士と言えるかもしれない。

前半は完全な千葉ペースから、唐突な隆のミドルが決まってから磐田ペースとなり3得点。普通ならこれで終わりと思うのだろうが、良く鍛えられた磐田サポは違う。これまでの状況を見ていればな。そしてその予感は後半的中・・・orz

ネット・バイアーノが投入されてから彼の対応に追われ巻や矢澤への対応が疎かになったところで2失点。

それもヨシカツのファインセーブがあってのものだから、逆転されていても全くおかしくない心臓に悪い状況は続いていた。

もちろん、相変わらずの監督の人選と戦術、交代の酷さには目を覆わんばかりのものがあり、不安に拍車を掛ける展開に。

一番効いてた村井を下げる意味が判らない。脩斗と加賀のコンビネーションは異常なまでの恐怖を与えていましたよ、味方に。

それでも何とか3点目を与えずに勝ち点3を取れたことは大きい。
隆も初スタメン初ゴールで波に乗っていって欲しいものだ。

ボランチが不足している状況で、フロントに期待できないとなれば現有戦力で何とかするしかないわけでね。

いずれにしてもあと勝ち点12を手にして残留を一刻も早く確定させたいものだ。
posted by ダメ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31010448

この記事へのトラックバック