2009年06月27日

降格候補筆頭に再浮上

磐田 2-3 柏

集中力の欠如した瞬間を2度突かれての失点が最悪最低。
菅沼がかなり効いていたのも事実ではあったが、しっかりとケアできていれば防げた失点。

攻撃陣は相手の守備陣も問題を抱えていたこともあり結果を残すことが出来てはいたが、決めるべきところをしっかりと決められていたら前半20分くらいで終わっていた試合。

守備陣の酷さは・・・駒野のバックパスのミスとかありえない。アレが逆転の切欠となったと言っても過言ではないし、左SBとかもうね。

監督については最早何も言うことは無い。交代がいつも機能しない、理解不能な脩斗への固執、軸が無くてぶれまくりの戦術、どう見ても今の磐田の監督には不適切なのは明らか。

また昨シーズンと同じ事を繰り返すのか?
次は入れ替え戦はないのだが?
このチームは落ちたら終わりだぞ!





posted by ダメ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30122750

この記事へのトラックバック