2009年06月20日

想定通りの展開

鹿島 1-0 磐田

ナビスコが良かったとの話だっただけに多少期待はしていたが、今日の内容・結果を見る限りは「やっぱりか」という印象。

左SBが変わらず酷すぎる。ココは監督を交代しない限りはどうにもならんかもしれないな。鹿島サイドも空けてても大丈夫、という感じで応対できていたし。

そして前田にボールが収まらない。成岡やジウ、西といった選手がフォローする時間を作れないのはやはり厳しい。

相手が岩政だったということもあったかとは思うが、あのクラスともう少し勝負できないとポストプレイヤーとしては難しいだろう。中澤辺りの時も同じ事を思ったが。

松浦やカレンの復帰は喜ばしいことではあるが、前田の代替にはならないので苦しいところだ。復帰緒戦から松浦の動きなどは良かったが、イマイチうまく使われていなかったし。

あと、全体的にボールを奪ってからのパスの精度が変わらず酷い。余裕が無いのだとは思うが、もう少し周りを見て欲しい。

まぁ、鹿島とは予想していた通りに実力差があったということ。
次節の柏戦が残留を争う上では本当の勝負となる。

特にほぼ棺桶に片足を突っ込んでいる下位2チームからの取りこぼしは、相手を復活させてしまう可能性も含め許されない。

直接対決ではなんとしても結果を残せ。
そして残留だけは勝ち取れ。

posted by ダメ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29942950

この記事へのトラックバック