2009年05月24日

良い中断

磐田 2-1 名古屋

80分辺りまでは一進一退の攻防。ポゼッションは名古屋だが、シュート数は磐田。で、小川の退場からゲームは大きく変わる。

CKから成岡がヘッド。クロスバーに当たったボールが那須へ。鋭く振りぬいたシュートは楢崎の手を掠めゴールへ。これで1点。それから数分後、1点目をお膳立てした成岡が年に何回か見せる素晴らしいミドルを叩き込んで点差を広げる。

最後の失点は余計だったものの、勝ち点3を取って中断に入れるのは良かった。順位も一桁に戻ったし。

しかし、康裕の負傷退場は残念。軸足を狙った後ろからの悪質なタックルによるものなので、大事に至らなければ良いのだが・・・。小川はこのファールで一発退場でもおかしくは無かったね。

さて、全体的に見るとやはり左サイドバックは穴だなぁ、という印象が強い。脩斗が育つのを待つ前に中断期間で補強するのが重要かと思うのだが、どうだろうね。あとはボランチか。個人的にはアンカータイプの人に強い選手が必要だと思うのだが・・・。

いずれにしても残留を早期に確定させるためにも、中断期間を有効に使って欲しいものだ。



posted by ダメ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29351317

この記事へのトラックバック