2009年05月10日

一桁順位

磐田 3-1 大宮

まぁ「暫定」ではあるが随分と久方振りな感覚を覚える。
掲示板の一番上が指定席だった時代もあったんですがねぇ・・・。

さて、試合の印象としては「グノ神!」で済ませても良いのであるが、一応一通りの感想を述べたいと思う。

攻撃陣は今日は特に西とグノの距離感、タイミングが非常に合っており、それに駒野が絡むことで右サイドの攻撃はかなり機能していたと思う。誕生日だったからなのか、西も久々にゴールを決めたし。

ジウは途中から単独突破に拘り過ぎた感があったが、ピンチを招くほどでも無かったしまぁ良いでしょう。

前田は画面からはあまり目立った感じが無かったが、ヘディングのゴールはちゃんと枠に飛ばして欲しかった。相手は全員見送るしかないレベルのものだっただけに。

康太は後半は完全に消えていただけに、先発はまだ早かったような印象だった。ブランクも長かったしもう少し時間は掛かるだろう。今の状態ならロドリゴ+康裕で後半途中に康太投入の方が良さそうな気はする。

犬塚はそんなに悪くは無かった。少なくとも左サイドバックとしては犬塚>加賀だね。まぁ適正の高い選手の補強ポイント上位であることには変わりは無いが。

加賀は・・・色々言われているように身体能力以外の部分の向上が無いと今の壁を乗り越えるのは難しいだろうね。身体的な能力はチーム一だと思うし、同郷の人間として応援しているし頑張って欲しいのだが…。

茶野、那須は変わらず。開幕2戦があまりにも酷い状態だったためかなりの低評価スタートだったが、徐々に評価を戻していると思う。那須も大分慣れて来た様な感じを受ける。

ヨシカツはかなり酷い出来だった。決定力のある相手だったら致命傷になっていた箇所が3つはあった。幸いどれも大事に至らなくて良かったが。

吉彰は投入されてから相手が優勢な時間が多く、あまり目立つ感じではなかったかな。

そして、グノ。6試合6得点。磐田でもJでもこのまま行けば歴史に残る活躍をしそうなレベルでのプレーを続けている。1点目、2点目のアシストはこれまでのグノと同じ感じのプレーだったが、3点目は度肝を抜かれた。

ゴールラインと平行にペナルティエリアを進み、ディフェンスとキーパーを交してゴールを決めるなんて芸当をJリーグでお目にかかれるとは思ってもいなかった!

万能型だとは思っていたが、ここまでのレベルのテクニックとイマジネーションをも兼ね備えているとは、韓国人選手には居ないタイプでもあるし正直想像すら出来ていなかった。

このレベルの選手が今チームにいて完璧に機能していることが非常にありがたい。活躍が派手すぎるので、契約に至るオファーが来る可能性も高いだろうが、それまでに何とか勝ち点を稼ぎ捲って貯金のあるうちに現存選手の底上げにも期待したいものだ。

というわけで次の試合川崎戦にも期待したい。等々力では比較的相性も良くオープンな馬鹿試合になる可能性が高いので、守備の粗も目立ちにくい展開が予想されるし。

恐らくはその次の名古屋戦が今のチームの力が試される試合となるのではないか、と想定している。仮にここを乗り越えることが出来れば、チームとしては残留の文字がはっきりと見えてくることだろう。



posted by ダメ at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29028364

この記事へのトラックバック