2009年09月27日

6度目

FC東京 3-2 磐田

また赤嶺か!

6試合8ゴールだそうで。
相性があるにせよここまで対策出来てないってのも珍しいな。
自らの無能っ振りを曝け出している感じ。

前半は京都戦のようにマトモな展開。ただし、決定的なチャンスを決められていなかったのが最後に響いたが。

後半途中までは一進一退だったものの終盤は東京ペース。セットプレー関連でやられるあたりは進歩無いまま。

点を取ってはいるものの、前田の今の調子はかなり悪い。特にカウンター時にはむしろ邪魔になっているとさえ言える。カウンターの時は村井、グノが最強だが、この二人にあと2〜3人絡むことが出来ればかなり強力な攻撃になるのだが・・・。そういう意味で松浦は良かったが、まだ完治していない状態だし現状で期待は出来ない。というか今の状態で使ったらダメだろう。可能性は非常に感じられるだけに、こんなところで潰してしまうわけには行かない。

守備陣では岡田の運動量は変わらず良かった。これがベースになってくれれば中盤の核として多少希望の光が見えてくるのだが。八田もまぁ初先発と言うことを考えれば及第点か。ヨシカツレベルを要求するのは酷だろう。その他守備陣は後半の集中力欠如が変わらずでがっくり。特に茶野は散々言われている通りもう限界でしょう。

で、そんな中でも監督が一番の癌であることは間違いないのだがどうにかできんもんかね?

今一番キレている村井を必ず途中交代させたり、(今は無理だが)脩斗に異常な程の拘りを見せたり、怪我人の代わりに怪我が完治していない選手を起用したり、選手を適正とは違うポジションで起用したり、一旦固定した印象を変更できなかったり・・・などなど枚挙に暇が無いほどに素人に簡単に批判されてしまうレベルの行動を繰り返す有様。

今日勝ち点を取れなかったのは本当に痛い。1-2とした段階できっちりを試合を終えられていれば・・・、とは思うのだがそれが出来ているのであれば今頃はACL圏内を争っていたことだろうがこれが現実。いずれにせよ早く残留を確定して精神的に楽になりたいものだ。
posted by ダメ at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年09月20日

連敗ストップ

磐田 3-0 京都

村井>>>>>(超えられない壁)>>>>>脩斗であることが明確に示された試合。

前線の前田、グノ、西、村井のカルテットは外せないね。
金沢もこのレベルであれば十分に使えることも判った。
岡田も運動量多く頑張っていたし。

この試合の運動量、あたりの強さ、プレスの掛かり方を最低レベルとして毎試合頑張って欲しいものだ。その上で縦方向への仕掛けがもう少しあれば残留を確保することは出来るだろう。

しかし、この試合でヨシカツがラフプレーにより脛骨骨折で今季絶望というのは・・・。勝ち点30と引き換えでも割に合わん。
脩斗の血栓症再発というのも気の毒だ。

二人ともまずは完治を目指して療養して欲しい。

そして残った選手達は残留目指して頑張って欲しいものだ。
posted by ダメ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年09月13日

学習能力はないのだろうか?

大分 2-1 磐田

中断期間中に何もしていなかったのか?
良かったと思えた試合は殆ど無いが、再開後は特に毎回ダメだ。
流れが良かった時も悪かった時でも。

失点はプロ失格レベルのミスだし、運動量も圧倒的に足りない。
フォローが遅くボールを奪われるし、全体的にプレスが掛かっていない。疲れているはずの代表選手の方が内容が良いってどういうことだ?

全体的に酷すぎて開いた口が塞がらないレベル。守備の約束事などまるで感じられないのはどういう了見だ?

この内容ではこの先勝てるチームなど無いし、勝ち点もまだまだ安心できない。

求む、守備組織の構築が出来る監督、マトモなフィジカル・メディカルスタッフ、チームを勝たせるために努力できるフロント。
その上で守備面を強化できる選手。

posted by ダメ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー