2009年04月29日

3連勝ならず

横浜FM 1-0 磐田

前半はお互いに決定機は少なかったが、後半早々マリノスの攻勢で渡邉の素晴らしいゴールにより失点。ここから暫くは防戦一方で1点で終わったのは運が良かったと言える。

その後ジウと村井が入って流れが変わり、後半終了まで磐田が攻勢だったものの得点を決めきれずに終了。

今日は脩斗の出来がかなり酷かった。あと、相変わらず西、太田の2列目でボールが収まらない。2列目は左:村井、右:ジウというのが現時点でベストだと思うのだが。村井は左サイドバックでも良いが。それと、全体的にボールを持った選手へのフォローが遅い。また、攻撃もちょっと工夫が足りない印象。J屈指のDF陣が相手なのだからもっと考えて欲しかった。

あと、実況・解説陣がやたらと海外との比較をしていたが、J1で下位のチーム同士の対戦だからねぇ。前日深夜のCLと比較した際の激しさ、スピード、テクニック等を比較した場合の差が大きすぎるのでまぁ言いたくなる気持ちは判らんでもないが。

でも、審判はあまりレベル差を感じなかった。というかどちらの試合も基準が一定ではなくストレスが溜まるジャッジがいくつか見受けられたので。少なくともジウへのカードはないわな。

連勝でちょっと思い上がっていたので目を覚ますことになってくれれば敗戦にも意味があるかもしれない、とポジティブに考えることにする。まずは残留圏の勝ち点確保へ向けて次節神戸戦は何とか勝って欲しいものだ。




posted by ダメ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年04月26日

連勝

京都 2-3 磐田

今シーズン初の連勝。
今日もイグノは1ゴール2アシストと大活躍。

1点目の大半を演出した高速ドリブルと相手ディフェンス陣を釘付けにした上での前田へのパス、2点目の駒野からのクロスをファーサイドにループ気味でのヘッド、3点目のジウへの冷静なラストパスなどどれも良かった。

前田との連携が非常に良いのは前節から判っていたが、ジウとも上手く合わせることが出来ていたのは大きな収穫だった。

それぞれにタイプの違う3トップはかなり魅力的で、的を絞りにくく相手にとっては相当に脅威を与えそうな気がする。

その上サイドや中盤の選手が上がり攻撃の枚数が増える場面も珍しく無くなって来た。太田や西はもちろん、康裕や脩斗、駒野辺りが顔を出すことも増えてきて攻撃に厚みを増してくるようになった。

特に康裕のボール奪取やシュートの意識の高さは良くなってきている。そろそろ決めて欲しいところだが。あとは結果を積み重ねることで自信を深めて行ければチームとしても波が減ってくると思われる。

毎回このパフォーマンスであるとは流石に考えにくいのではあるが、活躍次第ではイグノの移籍も現実味を帯びてくることになるかもしれない。それでも、イグノが在籍している間に何とか残留ラインまで持ってくることが出来れば今シーズンは大丈夫かも、と思えてきそうなくらいには希望が持てるようになってきたのは驚きだ。

本当にチームというものは生き物だなぁ。







posted by ダメ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年04月23日

メンバー

自分を解放させすぎてしまった某グループの某メンバーですが、解放現場は職場から非常に近いので昼時に通りかかったところ、明らかに普段いないタイプの人が目立つ。一眼レフ持ってる人もいるよ。・・・スネーク多すぎw

普段は天気の良い日はピクニックっぽくシートを広げる方や、観光客っぽい感じの方が多いのですが、どう見ても現場を一目見てみたいという野次馬系の方が多数派でした。本当にあr(



posted by ダメ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブック検索

Googleブック検索スゴいわ。

著作権的にはこんな感じらしいが、日本では和解できるのだろうか・・・?

現時点で紙の携帯性や利便性を超えるとは必ずしも思えないものの、採算ベースに乗せられるかどうかを考えると、著者にしても出版社にしても今後淘汰が進む可能性が高いのではないだろうか?

出版不況にますます拍車が掛かりそう・・・。
posted by ダメ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月20日

Oracle and Sun

公式でも述べられている通り、OracleがSunの買収に合意した模様。

Oracleにとって一番魅力的だったのは恐らくハードウェア部門ではないか、というのが多分大方の見方では無いかと思われるし、個人的にもそれが一番大きな部分を占めているとは思う。

現状HP等のハードウェアベンダーと協業でストレージ部門等に進出しているが、自前のハードウェア+Oracleなソリューションの方が将来的にパフォーマンス・サポート等の向上が見込める(→収益に繋がる)という思惑があることは想像に難くない。

またこれにより、x86アーキテクチャへのシフトが加速していくことになりSparcの死が早まることは避けられないのではないかと思う。

もっともそれよりも、個人的にはMySQLが今後どうなっていくのか、という部分により注目したい。

それぞれの良い面を吸収しつつ共に発展していくのが一番良いとは思うのだが、そうすればするほどOracleの優位性はどんどん失われていくわけで・・・。出来ればハッピーな結末を迎えて欲しいものだが。


posted by ダメ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月19日

初勝利

磐田 3-0 清水

ダービーでの快勝・シーズン初勝利・新外国人初陣での活躍、と3つの要素が重なる非常に嬉しいゲームだった。

前半30分過ぎくらいまではほぼ清水ペース。守備ブロックは硬いし、中盤では中々ボールを奪えない。

しかし、攻撃陣は今一つ工夫が足りず、致命傷を受けることなく踏ん張っていたら徐々に相手の出方に慣れてきたようで盛り返してきた。

後半に入り、意図した攻撃が出来てくるようになったら、前田のゴール前での頑張りからイグノが緒戦でJ初ゴールを叩き込んだ。

全体的に磐田ペースで進むが、清水も盛り返す。そんな中、カウンター炸裂。前田のバックヘッドをイグノが上手く拾ってそのままペナルティエリアへ。体を寄せて来る青山を物ともせず、弾丸シュートをゴールに叩き込んだ。

ほぼコレで勝負は決したが、前節で吹っ切れた感のある前田が最後にドリブルからゴール右隅に狙い済ましたゴールを決めて止めを刺した。

守備陣も危ういところはあったが、概ね良く対応できていたと思うし、これで漸くシーズン開幕といった感じか。

やっと最下位も脱出できたことだし、あと一つ以上順位を上げていけるようにしていきたいものだ。

さて、正直なところイグノがここまでやるとはまったく想像していなかった。事前の情報や代表戦を見た感じではあまり期待をもてない感じだったし、何より時間が少な過ぎて持ち味を出すことは難しいだろう、と考えていたからだ。

そんな中での海外リーグデビュー戦での2ゴール、しかもダービー。実は物凄い掘り出し物だったのかもしれない。

上背は無いが、動き出しの速さ・体の強さ・シュートの正確さなど間違いなく代表クラスのそれであったし、時間を追うごとに周囲との連携、特に前田とのコンビは目に見えて良くなり、最後には数年やっているかのようなプレーを普通にしていたし、チームメイトが彼にボールを出すのは当然、というレベルのプレーを見せていた。

これでジウが戻ってきたら…前線はかなりの破壊力を持つことになる。単独で行けるジウに、復調気配の前田、単独でも行ける上前田とのコンビネーションが抜群に良いイグノ。

形はどうあれこの3枚を同時に使えれば相手にとってはかなりの脅威となるのではないだろうか?

まぁ、3トップにした場合は中盤の構成力が更に落ちるので厳しいかもしれないけど。

いずれにせよ、久々にポジティブな内容で希望も持てるゲームであったのは確か。次節が待ち遠しくて仕方が無い、という気持ちを持てるのは何年振りだろうか…。

とはいえ、まだ降格圏から抜けていないのに変わりは無いので、一歩一歩着実に勝ち点を積み重ねられるよう頑張っていって欲しいものだ。願わくば早めの得失点差プラス転換もw

posted by ダメ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年04月18日

本日のルート

今日は午後から出かけたので東京競馬場を廻って戻ってくることにしてみた。ルートは以下の通り。

所沢街道→志木街道→府中街道→競馬場通り→競馬場正門通り→甲州街道→新小金井街道→小金井街道

およそ35km。ルートが短いためか、4月初旬の頃より足取りも軽いし疲労感も減ってきた感がある。まぁ、平均時速を考えると疲れが少ないと感じるのも当然か。

さて、今日は府中付近でとても面白いものを見かけた。

外れ馬券を持ち込んだ人は\1,000割引というキャバクラだ。

負けて帰る輩を狙い撃ちにする、という血も涙も無い鬼のような商法ですねw

ところで一つ疑問が。商売としては成り立つのだろうか・・・?

posted by ダメ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月12日

花見

先週と今週花見に行ってきた。

自転車で行くことで両方を楽しもう、というオトクな企画、のつもりではあったのだが…。

先週は時間が足りず、予定箇所の半分も廻れず仕舞いだった。おまけに半年振りだったので体が鈍り切っていた為行きの行程で既に悲鳴を上げ始める始末w

今週はほぼ予定通りに廻ることが出来た。予想以上に体の慣れが早い。短い行程だったのも幸いした。

今日は暑いくらいの状態だったし、自転車乗りには楽しい季節。乗るごとに冬に蓄えた重い荷物を少しは減らせることを期待したい。

ちなみに、こんな行程。

先週:
  所沢街道→青梅街道→千川通り→中野通り→青梅街道→新宿通り→新宿御苑→明治通り→302号→山手通り→新目白通り→新青梅街道→旧早稲田通り→石神井公園→富士街道→25号→24号→234号→小金井街道→志木街道→所沢街道

富士街道から小金井街道あたり(大泉〜東久留米辺り)は超迷ったw。道が狭いので都道がどれか非常に判りにくかった。この辺りだけで1時間半くらい時間を費やしてしまった。

あと、千川通り→中野通りの辺りの桜並木は非常に美しく道端で一人感嘆の声を上げてしまった。チャリに乗り一人はしゃぐ怪しいオヤジ…。道も込んでたし祭りムードだったのでそんなキモいのを気にする向きはいなかったようだったがw

今週:
  小金井街道→小金井公園→東八道路→野川公園→吉祥寺通り→井の頭公園→青梅街道→所沢街道

先週と比較すると半分くらい散っている桜が見かけられたものの、やはり美しいことには変わりない。中央線より南の方が一般的に街道が整備されている感じを受けるのがちょっと悔しいw

次はこれまで行ったことの無い道を通ってみようかな。できれば道が広くて人通りが少ない方が良いね。


posted by ダメ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月11日

底辺対決

千葉 1-1 磐田

リーグ17位と18位の対決だったが、順位にふさわしい内容だった。

前半は千葉優勢、後半は磐田優勢だったものの、どちらもパスの精度が著しく低く、セカンドボールを拾ってもチャンスをピンチに変えていた。

止める、蹴るといった基本技術のレベルの低さもそうだし、選手間の意志の疎通が図れていないことを想像させるようなパス、単純なパスミスの多さにも怒りを通り越して呆れ返った

サイドからの突破も最終的なアイデアも技術もフォローも足りていないのでペナルティエリアまで持って行けていない。千葉の縦ポンカウンターの徹底の方がよほど可能性を感じた。

その上、監督の交代は全く持って意味不明。駒が無いのは判るが、交代要員の意図は不明。

唯一良かったのは前田のシーズン初ゴール。波に乗ってくれれば良いのだが、次節ジウシーニョが出場停止…orz

修正ポイントが多すぎるため、奇跡でもなければ建て直しは厳しいと見た。

残念ながらこのままでは開幕前の予想通り来シーズンはJ2暮らし確定だ。



posted by ダメ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年04月05日

決定力の差

磐田 0-1 FC東京

失点前後まで全体的に守備陣形はコンパクトで攻守の切り替えも早く、サイドも上手く使えていた。その上で中盤の選手がポジションチェンジを行いある程度攻撃に厚みも出来ていた。

後半FC東京の選手交代あたりまでは磐田ペースでいつ点が入ってもおかしくは無かった。

でも、点は獲れなかった。更にジウシーニョの交代で得点源も居なくなり、FC東京に逆に有利な展開となり、失点。

失点以後は酷かった。負け続けているチームだし、一旦タガが外れると立て直すのが難しくなっている。

前半のチャンスのいくつかを決めていれば、問題なく勝てていた相手だっただけに自ら勝ち点3を手放した印象が強く残った。

印象として、セットプレー以外に怖かったのは失点シーンのみだったし、逆に磐田側の方が良かった点が多く見られたくらいだった。

次節に向かって切り替えて欲しいがどうだろう。残留争いの直接対決な次節千葉戦。相手も点があまり取れていないので、1点を争うゲームになりそう。

次節こそ前田にゴールを取って欲しいものだが、今はどうも思考の袋小路に入っているように見受けられる。新加入のイ・グノは代表戦を見る限りは助っ人としての力量は?だし、経緯や経歴・思想的にもちょっとアレなので期待してはいないのだが、前田に火を付けることが出来てくれれば良しとする。

正直なところ、「中盤とディフェンス陣の強化が先だし、FW連れて来るにしてももう少しマトモな人材を連れて来いよ、糞フロント!とっとと全員退陣しろ!」と思ってはいるが、難しいようなら総監督を現監督の上に据える、というのもアリかも、と思い始めている。自分らに直接被害が及ばないならやるのかも、と。…まぁ、素人の妄想以外の何者でもないが。

ここまでの6戦である程度判ってきたこと。

・初動は遅い
・守備構築は多少出来るようになってきた
・サイドからの崩しも良くなってきた
・試合展開の変化に対応できていない
・全体的な自信の喪失

これらを考えると、ある程度実績のあるモチベータータイプの監督が上に立っていればもう少し状態が上向くのでは?という気がする。

…かつて、磐田にいた世界的に実績を残したモチベータータイプの監督が今はフリーだよね?

原点回帰を謳うなら、あの人をもう一度、ってのはアリかもしれない。…来てくれるのなら。年俸が絶対的に折り合わないとは思うのだけど、来てほしいなぁ。








posted by ダメ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年04月03日

PT1って素晴らしい。

…まぁ今更ですが。

これまでRDシリーズなんかのAV機器でなんとかしてたけど、同一以上の機能で明らかに安価&便利すぐる。

まぁ、アプリ関連はグレーゾーンのためちょっといろいろ問題はあれど、TS同時録画環境においてはPT1の右に出るものは居ない訳で。ボード1枚でBSx2&地デジx2はデカい。普通はまず2枚目が必要になるケースは3番組以上バッティングしない限り無いし、アンテナを含めた設計により信号の劣化もほぼ最小限と出来るし、で良い事ずくめ。

録画に関してはほぼこれで完了。

しかし、問題は溜まったTSファイルの編集がかなりダルイということだ。

ファイルサイズとCMカットを考えると別形式(H.264とか)への変更と編集は必須だろうし、作業自体が面倒なのも確か。

それでも、個人的な録画対象のうち、スカパーの東経124°衛星以外の全てがカバーできているのはありがたいし、編集環境以外は問題無いので、スカパーHD導入orB-CASが無くなる程度のインパクトが無ければ暫くはこのままで良いだろう。

…ところで、テレ玉ハルヒ初回がDVD放送順での本当に再放送だった件について。…結構ガックリ。

posted by ダメ at 01:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

SGI…

某宗教団体ではないですよ。念のためw

昔はIndyとかO2とか欲しかったなぁ…。
2度目のC11とかもうgdgdですな。
独自路線を捨ててNT系に走った時点でOUTだったと思う。

個人的な意見としては、Rackableはよくこれを買収したと思う。
今はあまり得るものが無いように思うので。

あと、日本SGIは別法人で今回の件は大丈夫らしい。

--元記事
posted by ダメ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記