2008年07月14日

魅惑のトライアングル

大宮 1-2 磐田

大宮がかなり調子が悪かった前半に何点か決めるべきところを決めていればもっと楽な展開だったとは思うが、現時点ではまぁこんなもんでしょう。

明るい話題としてはやはり前田・カレン・ジウシーニョの魅惑のトライアングルでしょう。特に前田が居るとボールを引き出せるし、収められるし、いろんな展開が出来るし、で攻撃の幅がそれまでとは段違いに広がる。

そのため、ジウシーニョもカレンもより生きる。村井の調子が良いのもサイドからの攻撃の厚みを増すのに貢献している。

まぁ、良い点ばかりではなく悪い点も相変わらず多かったが。
例えば、駒野はまだ本来の姿にはなっていないのか積極性に欠ける印象だったし、ボランチは相変わらず軽い。今節は1失点で済んだものの、ディフェンスはやはり集中の欠けるシーンが見られる。

ディフェンスについては、ロドリゴがどれだけフィットして活躍してくれるかに掛かっていると思う。

さて次節は名古屋戦。スタイル的にはかなり厳しい相手だと思う。オマケに加賀が出場停止だし、平日開催のため回復度合いが心配ではある。ただ、ここを乗り切れれば一気に降格圏内脱出が見込めることもあるので、是非選手達には頑張って欲しい。

そして、選手達の頑張りを無駄にしないためにも、監督には一刻も早く退陣していただきたいものだ。
posted by ダメ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2008年07月06日

想定内だが情けない…。

磐田 1-2 鹿島

敗戦は想定内だったが、想像していた以上に鹿島の出来は良くなかった。今日の鹿島に負けてるようでは、現在の順位は実力相当と言われても仕方ない。

解説でも指摘されていたが、今の磐田にはチームとしての戦術は存在していない印象を受ける。

特に攻撃においては顕著だ。同じ絵を描けていない感じだ。個人戦術のみで戦っているようで、選手単体での足し算にしかなっておらず、今日の鹿島のように組織としてまとまっているチームとは勝負所でやはり差が出る。

インテルなどのように個人能力で他を圧倒しているわけでは全くないし、かといってメンタルの強さで最後まで諦めないといったチームでもないので、勝てるはずもない。

また、今日は監督・スタッフ・フロントなどチーム全体の差を改めて大きく感じた。

・チームとしての一体感
・監督・スタッフの質
・チームビジョンや継続性

など、低迷から復活できたチームと未だどん底のチームとの差はここに一番ある気がする。

新戦力は実績から期待出来そうではあるがまだ未知数だし、やはり早急に監督を変えて効果のあるうちに勝ち点を稼がないと本当に残留争いに最後まで加わることになってしまうだろう。

冬になってより一層寒さが身に凍みるようなことにはなって欲しくはないのだが。

posted by ダメ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー